デロンギ・キッチンのオリジナルレシピ「パスタフレッド」の紹介

DeLonghi KITCHEN デロンギキッチン

DeLonghi Better Everyday

MENU

パスタフレッド レシピ

パスタフレッド

名前に「パスタ」と付きますが、パスタを使わずに麦や野菜で作るイタリアの家庭料理です。 夏野菜を使った夏にぴったりのメニューで、イタリアでは前菜やメインとして、また白ワインと共にさっとお昼に食べることも。 ミニフードプロセッサーで細かく刻んだモッツァレラチーズを押し麦と混ぜるので、チーズの風味が楽しめます。

使用モデル

クアッドブレード ミニフードプロセッサー DCP250
クアッドブレード ミニフードプロセッサー DCP250

使用付属品

4枚刃

材料 (4人分)

押し麦 180g
トマト 1個
モッツアレラチーズ 1個 (100g)
バジルの葉 3枚
ズッキーニ 1/2本
むきエビ 8尾
ツナ缶 150g(小2缶)
アーティチョーク(オイル漬け) 80g
(または黄パプリカ1/2個)
オリーブ 10個
(種なし、黒・グリーンオリーブのどちらも可)
エクストラバージンオリーブオイル 40mL
塩・こしょう 適宜
レモン果汁 1個分

パスタフレッド 作り方

  1. 鍋にたっぷりの湯を沸かす。沸騰したら押し麦を入れて強火で15分ほど茹でる。芯が少し残る程度で火を止めて、流水で冷やしながらしっかり洗い、水をよく切っておく。
  2. トマトは種を取り2cm角に、アーティチョークは一口大に切る。ツナ缶は汁気を切る。むきエビは軽く茹でて、一口大に切る。
  3. ズッキーニを2cm角に切り、ミニフードプロセッサーで食感が残る程度に粗く刻んで(パルスで2~3回)ボウルに取り出す。モッツアレラチーズは水気を切って2cm程度に切り、ミニフードプロセッサーで細かくなるまで刻む(パルスで5~6回)。ズッキーニと同じボウルに入れる。
    パスタフレッド 作り方3
  4. 3 のボウルに 1 、 2 、オリーブを入れる。レモン果汁とエクストラバージンオリーブオイルを加えて、全体をざっくりとかき混ぜる。
  5. 細かくちぎったバジルの葉を加え、塩・こしょうで味を調える。

ワンポイントアドバイス

  • 記載の材料以外にも、茹でた魚介やささみ、細かく切った野菜など、お好みの食材を加えて楽しんでください。 アーティチョークはイタリアでよく使われる野菜です。日本では生のものは手に入りにくいため、オイル漬けの瓶詰や缶詰を使います。手に入らない場合はパプリカなどで代用し、食感を加えましょう。

Other Recipe / フードプロセッサーその他レシピ

Other Recipe / フードプロセッサーその他レシピ

category_h_foodprocessor.png

デロンギのフードプロセッサーなら毎日のお料理のレパートリーが広がります。フードプロセッサーを使ってできるお料理レシピの一部をご紹介します。

more

loading

loading

pagetop