デロンギ・キッチンのオリジナルレシピ「ほうれん草と挽き肉のパスティッチャータ」の紹介

DeLonghi KITCHEN デロンギキッチン

DeLonghi Better Everyday

MENU

ほうれん草と挽き肉のパスティッチャータ レシピ

ほうれん草と挽き肉のパスティッチャータ

パスティッチャータとは、イタリア語で「ぐちゃぐちゃに混ぜた」という意味。
トマトソースやクリームソースなど様々なアレンジがありますが、このレシピではほうれん草をたっぷり使ったクリームソースで仕上げました。
クセがないので野菜嫌いのお子さんでも食べやすい、野菜たっぷりで健康的なメニューです。
ほうれん草のほかに、ブロッコリーや菜の花でも美味しく作れますので、お好みの野菜でお試しください。

使用モデル

クアッドブレードプラス ミニフードプロセッサー DCP250-RN
クアッドブレードプラス ミニフードプロセッサー DCP250-RN

使用付属品

4枚刃
おろしカッター

材料 (4人分)

【パスティッチャータ】
パルメザンチーズ  50g
鶏むね肉  200g
パンチェッタ (ブロックベーコンでも可) 50g
ほうれん草  500g
玉ねぎ  1個
(下仁田ネギ 1本で代用可)
ショートパスタ(リガトーニなど) 320g
ホワイトソース 400g
エクストラバージンオリーブオイル 60mL
適量
こしょう 少々
【ホワイトソース】
バター 50g
小麦粉 40g
牛乳 350mL
コンソメ(顆粒) 小さじ1
  
【トッピング】
パン粉(細引き) 少々
(またはパルメザンチーズ)
エクストラバージンオリーブオイル 大さじ1
  

ほうれん草と挽き肉のパスティッチャータ 作り方

  1. オーブンを180℃に予熱する。2cm角程度に切ったパルメザンチーズをおろしカッターでおろす。
    鶏肉を2cm角に切り、ミニフードプロセッサーで刻んでひき肉を作る(低速で15秒)。
    ほうれん草と挽き肉のパスティッチャータ 作り方1
  2. フライパンにエクストラバージンオリーブオイルを入れ、1 の鶏ひき肉と、5ミリ幅程度に切ったパンチェッタを中火でポロポロになるよう炒め、塩こしょうで味を調える。
  3. ホワイトソースを作る。
    牛乳をぬるめに温め、コンソメを溶かしておく。フライパンにバターと小麦粉を入れて中火にかけ、焦がさないように注意しながらよくかき混ぜる。
    ひとまとまりになったら弱火に落とし、牛乳を数回に分けて加える。そのつど、ダマにならないようにヘラでよくかき混ぜる。とろみがついたら火を止める。
  4. ほうれん草は根の部分を切り落として、塩茹でする。よく水分を絞ってから5cm程度の長さに切り、ミニフードプロセッサーで数回に分けて細かく刻む(高速で各30秒)。
    ほうれん草と挽き肉のパスティッチャータ 作り方4
  5. ショートパスタを記載より1分短い時間で塩茹でする。
  6. ボウルに薄切りにした玉ねぎ、炒めた鶏ひき肉とパンチェッタ、ホワイトソース、刻んだほうれん草、ショートパスタ、おろしたパルメザンチーズを入れて全体を混ぜ合わせる。
    油を薄く塗った耐熱皿に入れて、パン粉(またはパルメザンチーズ)をふりかける。
    エクストラバージンオリーブオイルを回しかけ、180℃に予熱したオーブンで焼く(ワイヤーラック位置②)。
    表面にうっすらと焦げ目がついたら出来上がり。
     
    ほうれん草と挽き肉のパスティッチャータ 作り方6

Other Recipe / フードプロセッサーその他レシピ

Other Recipe / フードプロセッサーその他レシピ

category_h_foodprocessor.png

デロンギのフードプロセッサーなら毎日のお料理のレパートリーが広がります。フードプロセッサーを使ってできるお料理レシピの一部をご紹介します。

more

loading

loading

pagetop