デロンギ・キッチンのオリジナルレシピ「コトレッタ アッラ ミラネーゼ (ミラノ風カツレツ)」の紹介

DeLonghi KITCHEN デロンギキッチン

DeLonghi Better Everyday

MENU

コトレッタ アッラ ミラネーゼ (ミラノ風カツレツ) レシピ

コトレッタ アッラ ミラネーゼ (ミラノ風カツレツ)

イタリアでは、柔らかい仔牛の肉を叩いて薄くしますが、日本では手に入りにくいので、厚めの赤身の牛肉(フィレやもも)を使います。
ミラノ風カツレツは、粒子の細かいパン粉を使うので、油の吸収を最小限に抑えます。
ポイントは、熱いうちに溶かしバターとレモン果汁をかけること。このひと手間が、カツレツを洋風の味に仕上げてくれます。

使用モデル

クアッドブレードプラス ミニフードプロセッサー DCP250-RN
クアッドブレードプラス ミニフードプロセッサー DCP250-RN

使用付属品

4枚刃
おろしカッター

材料 (4人分)

仔牛 80g × 4枚
(または 厚めの牛フィレ肉かもも肉)
塩・こしょう  適量
パルメザンチーズ(粉)  大さじ6
2個
小麦粉  適量(約50g)
フランスパン(固くなったもの) 1/2本
< A >
 サラダ油  100mL
 オリーブオイル 100mL
【仕上げ】
溶かしバター  大さじ2
ミニトマト  4個
イタリアンパセリ(またはパセリ)  数枝
レモン果汁  1個分

コトレッタ アッラ ミラネーゼ (ミラノ風カツレツ) 作り方

  1. 2cm角に切ったフランスパンをおろしカッターでおろし、パン粉を作る。
    次に、4枚刃でイタリアンパセリを細かく刻む(パルスで5回)。

    ※ フランスパンは、包丁やナイフで切れる固さのものを使います。
    コトレッタ アッラ ミラネーゼ (ミラノ風カツレツ) 作り方1
  2. 牛肉をラップフィルムで挟み、肉たたきで叩いて5〜8mm程度の楕円形に伸ばす。
    コトレッタ アッラ ミラネーゼ (ミラノ風カツレツ) 作り方2
  3.  2 のラップフィルムを外し、塩・こしょう、パルメザンチーズをふりかけてなじませる。
  4. 溶き卵に水を大さじ1加えて混ぜる。 3 に小麦粉をつけてよくはたき、卵液にくぐらせて 1のパン粉をつける。
  5. 小さめのフライパンに A を2cm程度の深さになるまで入れて中火にかけ、170℃程度になったら 4 を入れて、両面を揚げていく。
  6. 皿に 5 を盛り付け、溶かしバターとレモン果汁を上からかける。
    カットしたミニトマトとイタリアンパセリを添える(お好みで、刻んだイタリアパンパセリをかけてもよい)。

ワンポイントアドバイス

  • 厚めの肉がないときは、すき焼き用の薄切り肉を2枚重ねて作ります。

Other Recipe / フードプロセッサーその他レシピ

Other Recipe / フードプロセッサーその他レシピ

category_h_foodprocessor.png

デロンギのフードプロセッサーなら毎日のお料理のレパートリーが広がります。フードプロセッサーを使ってできるお料理レシピの一部をご紹介します。

more

loading

loading

pagetop