デロンギ・キッチンのオリジナルレシピ「パンチェッタとレンズ豆のピラフ」の紹介

DeLonghi KITCHEN デロンギキッチン

DeLonghi Better Everyday

MENU

パンチェッタとレンズ豆のピラフ レシピ

パンチェッタとレンズ豆のピラフ

全体から包み込むような熱で炊き上げるので、お米ひと粒ひと粒がパラリと炊き上がります。パンチェッタはイタリアの塩漬けの豚肉。替わりにベーコンを使っても美味しいです。
豆の繊維もたっぷりとれ、パンチェッタの濃くも加わりますが濃厚な味ではないので、煮込みやさらっとしたタイプのチキンや野菜カレーなどの付け合せにおすすめです。オムライスを作っても美味しいですよ。

監修

料理家 渡辺麻紀

使用モデル

コンベクションオーブン EOB2071J
コンベクションオーブン EOB2071J

材料 (4~6人分 (ここでは24.5x20.5cm、深さ7.5cmの耐熱容器を使用))

白米 2カップ
パンチェッタ 50g
レンズ豆 1/4カップ
玉ねぎ(みじん切り) 1/4個分
オリーブオイル 大さじ1
チキンブイヨン(市販のキューブ状のものを表示通り熱湯で溶いたもの) 400mL
ローリエ 1~2枚
塩・こしょう 各適量

お米は180mLではなく、通常の200mLのカップをご使用ください。レンズ豆は、フランス産の多くは深緑色をしています。

パンチェッタとレンズ豆のピラフ 作り方

  1. 白米は洗ってよく水気を切る。パンチェッタは5mm幅に切る。レンズ豆は洗ってよく水気を切る。オーブンを予熱する。耐熱容器は、保温しておく(熱湯を張っておくか、可能なものは直火で加熱するなどの方法を選んでください)。
  2. 容器が冷めないよう手早く、玉ねぎのみじん切り、白米、パンチェッタ、レンズ豆を入れる。
    パンチェッタとレンズ豆のピラフ 作り方2
  3. 熱いチキンブイヨンとローリエを加え、軽く塩、こしょうして底のほうからひと混ぜし、蓋をする。
    パンチェッタとレンズ豆のピラフ 作り方3
  4. 220℃の「オーブン」で15分加熱する(ワイヤーラック位置①)。加熱を終了し、容器を取り出して、手早く蓋と鍋の間に乾いた布巾やキッチンペーパーを挟んでオーブンに戻し、予熱で15分蒸らす。
    パンチェッタとレンズ豆のピラフ 作り方4
  5. 容器を取り出し、切るようにしてよく混ぜる。
  6. 豚肉のビール煮込みや、カレーなどとよく合います。
    パンチェッタとレンズ豆のピラフ 作り方6

ワンポイントアドバイス

  • 耐熱容器は厚めのものが多いので、冷たい状態から加熱をすると温まるのに時間がかかるため事前に予熱をしておきましょう。

Other Recipe / コンベクションオーブンその他レシピ

Other Recipe / コンベクションオーブンその他レシピ

category_h_convectionoven.png

やわらかい熱を対流させて、食材をじっくり包み込むように火を通します。デロンギのコンベクションオーブンなら毎日のお料理のレパートリーが広がります。

more

loading

loading

pagetop